絶対に知っておきたい自律神経の話 | MY-GYM Are de vivre

BLOG

ダイエット関連記事

【5分で読める】絶対に知っておきたい自律神経の話

 こんにちは!パーソナルトレーナーのRYOTAです!最近、疲れ気味だなーと感じているのですがこの「疲れ」はどこからきているのかなと、そんな事を思っていたら「自律神経の乱れ」が浮かびました。(最近の生活習慣的に思い当たる節がいくつかあります)

 「自律神経」って聞いたことがあるけど何のことだろう…と思っている方、意外と多いのではないでしょうか。この自律神経の乱れは身体の不調の原因にもなります!実は、自律神経の働きを理解しておくとダイエットにも有効なんです!今回はそんな「自律神経」についてのお話を簡単にお伝えします。

目次

自律神経攻略で健康になろう

自律神経とは?

 自律神経とは「呼吸、血圧、心拍数」等の機能を維持させるために24時間働く神経の事です。一言でいうと内臓や血管等の働きをコントロールする神経です。その特徴は「自分の意思ではコントロールできない」という事です。この自律神経は2つの神経で構成されています。

交感神経(アクティブな神経)

戦う神経とも呼ばれ、活動やストレス中に高まる神経になります。交感神経が高くなると血圧、心拍数は「上昇」し、消化機能は「低下」します。交感神経は午前中~お昼にかけて優位に働くという特性を持ちます。

副交感神経(リラックスの神経)

リラックスの神経とも呼ばれ、その名のイメージ通り休憩や睡眠中に高まる神経になります。副交感神経が高くなると血圧、心拍数は「低下」し、消化機能は「上昇」します。副交感神経は夜に優位に働くという特性を持ちます。

自律神経の乱れが招く「不調」と各神経の「高め方」

自律神経の乱れによる不調

精神的な不調
⇒不安、不眠、やる気が出ない、イライラする、集中力の低下、情緒不安定等

身体的な不調
⇒頭痛、動悸、冷え、息切れ、めまい、倦怠感、肩こり、便秘、息苦しさ、手足のしびれ等

以上のような症状を招きます。自律神経からくる不調は直接的に実感しにくいですが、生活するうえで確実に整えておきたいものです。

各神経の高め方

交感神経
⇒人と会話する、朝日を浴びる、運動
副交感神経
⇒笑顔、深呼吸、ストレッチ、音楽、アロマ、お風呂に浸かる(10~15分程度)、食事で腸内環境を整える等

まとめ・最後に

自律神経についてご理解いただけましたでしょうか。

日々の生活で24時間働く自律神経、健康を目指すあなたにっとって是非整えておきたい神経ですよね!

ポイントは午前中にアクティブに活動して午後はゆっくり落ち着いた生活リズムにしていくことです。

規則正しいリズムを整える事は健康的な「ダイエット」には必須の前提条件です。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

MY-GYMは熊本市を中心にパーソナルジム、フィットネスジムの運営をしております。

ご不明な点、ボディメイク・健康に関するお困りごと等ございましたら、お気軽に下記お問い合わせからご相談ください。

特にボディメイク・ダイエット・生活習慣病予防及び改善・ 健康・介護予防に強みあり。

お一人お一人に合わせた細かな指導を得意としています。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 【5分で読める】絶対に知っておきたい自律神経の話