季節やシーン別のトレーニングウェア選びを徹底解説 | MY-GYM Are de vivre

BLOG

ダイエット関連記事

季節やシーン別のトレーニングウェア選びを徹底解説

こんにちは!熊本のパーソナルジムMY-GYMの広報担当MASAEです!

春が近づいてきて、外に出て運動したくなるような気候の日が増えましたよね!運動は皆さんご存じの通り、健康増進やダイエットにも効果的で、私たちの生活になくてはならないものともいえます。

MASAEも最近、天気がいい日はウォーキングや縄跳びをして運動不足を解消しています。運動することで汗を流し、爽快感を感じることができます。

そんな運動のパフォーマンスを高めるために大切なのが服装です。動くと服に汗がつきますし、動きやすい服装でないと運動しづらい、なんてこともあります。

今回の記事は現在運動に取り組んでいらっしゃる方や、これから運動を始められる方にもおすすめしたい運動時の服装の選び方についてご紹介します。

最後まで読んでいただくと、正しい服装で快適に運動に取り組むことができるようになりますよ♬ぜひ、最後までご覧ください!

目次

①運動時の服装選びに考慮したいこと4選

室内での筋トレ、室外でのランニングなど、運動には様々なものがありますが、どれも固い生地のTシャツやデニムパンツではしませんよね。

また、皆さん学生の頃は体育の時間には毎回体操服に着替えていませんでしたか?
このように、運動時に適した服装というものは運動をするうえで重要だと言えます。

実際に運動時の服装を選ぶ時、着目すると良い点を4つご紹介します!

吸水性・速乾性

運動時に着る服は、スポーツ用品店、トレーニングウェア販売店で取り扱っている吸水性や速乾性、通気性に優れたアイテムがおすすめです。

運動をしていると必ず汗をかきますよね。
汗が肌にまとわりついていると、ベタベタしてしまってトレーニングに集中できなかったり、汗が冷えてしまった時には風邪をひきやすくなってしまいます。

一般的なアパレルブランドでも、おしゃれなジャージやスウェットが多く登場していますが、吸汗性や通気性が悪いと運動には向きません。
吸水性・速乾性に優れたトレーニングウェアなら素早く汗を処理できるため、気持ちよく運動をすることができます。

伸縮性・サイズ感

身体を大きく動かしたり、激しい運動をしたりする際には身体を動かしやすい素材のトレーニングウェアを選ぶようにしましょう。

服の素材が固いものや分厚いものだと、体を動かしにくいうえに擦れて痛くなる場合があるため、伸縮性の高いものを選ぶことをおすすめします。

伸縮性があるといろんな動きに対応してくれるため、ストレスなく運動を楽しむことができます。
トレーニングウェアはコンプレッションウェアのような身体に密着して動きなどをサポートしてくれるタイプものから、ゆったりと楽な着心地のタイプのものまでさまざまです。

負荷のかかるトレーニングの時はコンプレッションウェア
ストレッチや軽い運動の時にはゆったりとしたもの
など用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、いくらウェアの機能性が優れていても、自分の身体のサイズに合っていなければ動きにくさの原因になってしまい、かえってトレーニングの妨げとなってしまいます。
身体にフィットしたものを選ぶことで、ストレスを感じることなく、自分の思い通りに身体を動かせます。

通気性・温度調整

季節や天候によってトレーニングウェアの選び方はずいぶん変わります。

単純に半袖から長袖へと衣替えするだけでなく、
体温調整の機能が備わったものを選ぶのも大切なポイントです。

<春・夏>
高通気性でクール機能搭載のウェアで熱中症対策!

<秋・冬>
保温性の高い素材などで低体温症を防ぐ!

といったように、快適なだけでなく未然に事故や体調不良を防ぐ役割も果たしてくれます。

また、雪山以外でも低体温症のリスクは身近に転がっていたり、
夏場でもシーンによっては汗冷えが意外にも起こりやすいので、有酸素運動など長時間の運動をする場合はトレーニングウェアの着替えをもうひとつ用意しておくのもおすすめです!

見た目・デザイン

トレーニングウェアには機能性を重視することは言うまでもありませんが、せっかくならおしゃれ要素も取り入れたいところですよね!

自分好みのデザインのウェアを着ることで、トレーニングに対するモチベーションが上がります。
好きな服を着て運動した方が圧倒的に楽しいですし、楽しいと継続に繋がりますよね。
MASAEも形から入るタイプでもあるため、ウェア選びの際はいつもウキウキです!

また、ダイエット目的で運動をする際に、健康を維持するために大切なのは継続することです。
せっかく張り切って始めたトレーニングも三日坊主で終わってしまったら、わざわざ買ったトレーニングウェアも長い冬眠期間に入ってしまいます。

好みのウェアで毎日楽しく運動を続けて、ともに目標達成を迎えましょう!

②季節やシーン別!服装選びのポイント

運動時はそれぞれの用途に応じたトレーニングウェアを着用することが基本です。

同じトレーニングウェアであっても、運動の種類によっては適していないことがあります。
また、気温や天候に応じた服装ができるようになれば、運動もはかどるでしょう。

本項では、季節やシーン別に4つのパターンをご紹介します。

夏は特に汗をかく季節なので、吸汗性と速乾性に加えて接触冷感のTシャツを選びましょう!

接触冷感の服ならトレーニングウェアに限らず出てきているので、既に知っている方もいるでしょう。
吸水速乾機能があると、暑い夏にどれだけ汗をかいても快適で嬉しいですよね。

それに加えて接触冷感があると着替える時にはひやっとして気持ちいいです。

あわせて、吸水速乾と接触冷感に加え、消臭効果やストレッチ素材もあるようなインナーもおすすめです。

気温が下がる冬場は、パーカーやジャケットを上から羽織って運動に励む人もいると思います。

特に外で運動する場合は、何か羽織らないと寒いですよね。
また筋肉は冷えると固くなってしまうので、身体を温かく維持するためにも上着を羽織ることはおすすめです。

運動を開始し、汗をかいてきて、上着がわずらわしくなってきたら脱ぎましょう。
このように羽織物で体温調節をできるようにしておけば、風邪予防にもなります。

吸水速乾とウォッシャブル機能が付いたパーカーだと、汗をかいてもべたつかず、気軽に洗濯もできます。
さらに最近はポケッタブル仕様になっているものも多く、運動後に不要になった時でもコンパクトにまとめることができます。

これなら荷物もかさばらず、持ち運びにもとても便利ですよ。
MASAEも1枚持っていますが、とにかく軽いので羽織っているときも重さを感じませんし、脱いで持ち運んでいる際も荷物にならず重宝しています。

室内トレーニング

室内で行うトレーニングにはヨガやピラティスなどが挙げられます。

このような運動には自分の身体のラインに合ったもの、自分にとってちょうど着心地の良いウェアを着るのがおすすめです。
小さいサイズや締め付け感のあるウェアとなると、動きが制限されたり、思うように手足を伸ばせなかったりすることがあります。
※ネットで購入するとき以外はできるだけ試着をしてウェアを着た時の関節の可動域を試してみましょう!

特にボトムスは股関節の動きを制限しないようなものがおすすめです。
脚を上げたり、大きく広げたりすることもあるため、伸縮性に優れた素材やデザインを選ぶと、股関節周りが動かしやすくなります。

レギンスのように優しく下半身にフィットするものや、締め付け感の少ないサルエルパンツが最適です。
また、一口に室内トレーニングといっても、リラックス系のものから動きが激しいものもあり、それぞれに適した服装があります。

ゆっくりとした動きの多いリラックス系の運動には、全体的にゆとりのある服装を、
逆に激しい動きが多い運動には、伸縮性に優れ、身体にフィットした服装を選びましょう。

また、ホットヨガのように汗を多くかく運動の場合は、夏場同様、速乾性や通気性に優れた素材がおすすめです。
汗をかいてもすぐに吸収してくれるので、不快感を気にせず、運動に集中できます。

ランニング

数ある運動の中でも割と気軽にスタートできるランニング。
日常生活に取り入れている人も多いのではないでしょうか。

トレーニングウェアにこだわれば、ランニングのパフォーマンスをより効果的に高めてくれます。
ランニングは足を重点的に動かすトレーニングであるため、足の動きを妨げないような素材やデザインを選ぶのがポイントです。

ボトムスには短パンやスポーツ用タイツを履くのがベストです。
運動時の筋肉の揺れをサポートしてくれるメリットがあり、ストレスも軽減してくれます。

機能性に優れたものが多いため、用途に合わせて機能やフィット感を選ぶと効果的です。
また、軽いランニング程度であればレギンスで脚を保護するのも良いでしょう。

トップスには吸水性と速乾性に優れた素材を選びましょう。
ランニング中にかいた汗を素早く吸いこみ外へ放出し、肌へのベタつきを防いでくれます。

まとめ・最後に

運動時の服装の選び方にはいろいろなポイントがあります。

機能性が優れているものを選ぶことでパフォーマンスの性能が上がり、運動でより大きな効果を出すことができます。
また、ファッション性に優れているものを選ぶとモチベーションがあがり運動に対して前向きになれます。

好きなトレーニンウェアで運動をする前、した後に撮った写真をSNSに投稿して習慣化していくのもいいと思います!
案外周りの方から応援してもらえたり、何気ない一言でまたモチベーションが上がったりといいこと尽くしですよ。

このように運動時の服装選びは機能面・心理面に影響を与えます。
皆さんも今日から運動時の服装をぜひ、意識してみてください!

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

MY-GYMは熊本市を中心にパーソナルジム、フィットネスジムの運営をしております。
ご不明な点、ボディメイク・健康に関するお困りごと等ございましたら、お気軽にお気軽に下記お問い合わせからご相談ください。

特に、ボディメイク・ダイエット・生活習慣病予防および改善・ 健康・介護予防に強みあり。
お一人お一人に合わせた細かな指導を得意としています。

LINEで「ブログ」とコメントをいただいた皆さまには「無料で1ヶ月で1kg無理なく痩せる方法レポート」をプレゼント中!
ダイエットに即役立つレポートです。ぜひぜひ皆様の健康貯金にご活用ください。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 季節やシーン別のトレーニングウェア選びを徹底解説