熊本のパーソナルジムが教えるダイエットで挫折する原因 | MY-GYM Are de vivre

BLOG

ダイエット関連記事

ダイエットで挫折する原因を熊本のパーソナルジムが解説!

mygym_zasetsu

こんにちは!熊本のパーソナルジムMY-GYMの広報担当MASAEです!

いよいよ春も目前!日中に20度を超える日なんかも出てきて、今まで冬でたくさん着込んでいたのも自然と薄着になってきますよね。

そうなるとやはり、肌の見える部分が多くなってきますから

体型のことも気になりませんか?

MASAEは長袖から半袖になることで腕が見えることが気になっています…。春夏に向けてダイエットを始められた方、これから始めようかなという方いらっしゃると思います!

継続して行うことで健康的に痩せる効果が期待できるダイエットですが、楽して痩せるのは難しく、途中でココロ折れてしまうこともあるでしょう。

今回はダイエットで挫折する原因やその特徴、挫折せず成功させるための秘訣についてご紹介していきます!

この記事を読めばあなたも挫折や失敗をすることなく理想の体型が手に入れられるかも!?

是非最後までご覧ください!

目次

ダイエットで挫折してしまう3つの要因って?

「思い通りに結果が出ず、ダイエットがつらくなってしまう。」

これが挫折の最大の原因になることが多いようです。

食べたいものを我慢し、きついエクササイズを続けているのに体重が減らない、停滞期がいつまでも終わらないとなると、ダイエットをあきらめたくもなりますよね。

「思い通りに結果が出ない!」と思う挫折のパターンは1つではなくほんとうに様々です。

本項ではその中でも割合の高い3つをご紹介いたします。

短期間で痩せようとすると結果が出ない!?

①すぐに効果が出なかった
②効果の出にくいダイエット方法を実践してしまった
③体重が変化しても見た目が変わらなかった

このような方々は早く痩せたいと意気込みすぎて、いつの間にか完璧を求めすぎている人です。

気持ち的には頑張れても、身体の中では様々な問題が生じてきます。

意気込みすぎているあまり、過度な食事制限や、負荷が大きい運動をしすぎたりしていませんか?
停滞期を迎えていつもよりハードにトレーニングをしていませんか?

身体というのはよくできていて、エネルギーが不足している状態が長くなると、血や筋肉のもとになるたんぱく質からエネルギーを作り出そうとします。

筋肉が減ると基礎代謝が落ちるため、日頃の生活や運動によるカロリーが消費しにくくなり、体脂肪を蓄えやすい身体になってしまうのです。

これを知ったうえで目標設定をし、ダイエットをするといいのですが、知らずにいると「いつまでも痩せない!」とモチベーションが下がります。

そうすると、停滞期を乗り越えられずに挫折したり、リバウンドを引き起こしやすくなります。

我慢できない・誘惑に負けると結果が出ない!?

・すぐに甘いものに手が出てしまった
・食欲が止まらない
・食べなさすぎて反動で暴飲暴食しちゃった

ダイエットが続かない理由として、食べ過ぎてしまうことが挙げられます。

ダイエットは自分との戦いです。

食べることが好きな方にとっては、苦しいですよね。
お腹もすきますので、ストレスも溜まります。

ストレスの反動で食べすぎてしまったり体重が減ると安心して食べ過ぎてしまったり、

「今日だけは別」

と、その日だけは自由に食べてしまったり……。

ダイエットは継続が大切です。

あくまでも、腹八分目を意識して、少し痩せても気を抜かないことが大切です。

ゆっくり噛んで食べるようにしたり、食事は野菜から食べるようにすると、お腹もいっぱいになりやすいので、食べる量を抑えることができます。

どうしても食べたい場合は、お菓子の代わりに野菜を食べたり、甘いデザートの代わりに果物やヨーグルト、チーズなどを食べるなど、置き換えも有効です。

また、炭酸水でお腹を膨らませたり、糖質ゼロやゼロカロリーの食べ物や飲み物もおすすめです。

ストレスを感じて続かないから結果が出ない!?

・空腹でイライラしてしまう
・頑張っているのになかなか体重が減らない
・反動でつい食べてしまって罪悪感を感じる

このようなことが原因で感じるストレスは過食の原因になるだけではなく、気分の落ち込みや頭が働かなくなるというようなたくさんの悪影響をもたらします。

停滞期にこのようにストレスで体が疲弊してしまっている状態となると、ダイエットを続けていくのは大変です。

挫折しないための心掛け

「思い通りに痩せない…ダイエットいやだ!」

と思わずに、ダイエットを続けるにはどうしたらよいのでしょうか?

目標設定を明確かつ現実的に

このブログ内のダイエットに関連する記事において、よく紹介させてもらっていますが、やはり大事なのは自身のダイエット目標の設定を具体的かつ現実的にすることです。

「1ヶ月で5kg痩せる」
「ウエストを細くする」
といったざっくりとした目標は目標として弱く、途中で挫折してしまう可能性が多くあります。

明確な目標とは、達成した後のことまで考えることが重要です。
そうすることで、モチベーションも上がりやすいですし、停滞期に諦めないぶれない心を手にできます。

・5kg痩せてどうしたいのか?
・体脂肪率を落とし、ウエストを引き締めどうしたいのか?

などと、目標を達成した時の自分を明確に想像できるようなところまで考えて目標設定することが重要です!

また、短期間で一気に痩せようとすることも危険です。

脂肪を1kg減らすには、7000キロカロリーを消費する必要があります。

普通に生活を送りながら7000キロカロリーを消費するには時間がかかるため、ダイエット計画も長期で考えるのが適切です。

ダイエットに成功する人は、長期間でゆっくり痩せようとします。
停滞期も当たり前、停滞期ということは着実に効果が出ていると認識しています。

「1週間で5kg痩せる」など、短期間で急に痩せるのではなく、数ヶ月かけて少しずつ痩せていく方が健康的で体に負担がありません。

時間をかけてゆっくり痩せるなら、食事制限も運動もきつくしすぎないで済みますよね。

日常生活にわずかな工夫を加え生活習慣を正すだけでも長期的には効果が期待できるので、我慢もストレスも少なくなります。

痩せるためには思考から変えることは重要であると言えます。
もっと詳しく知りたい方は下記のリンクの記事も合わせて読んだいただきたいです。

無理をしない

「思い通りにいかない!ダイエット辞めたい!」

と思って停滞期を乗り越えられず挫折する人は無理な目標を立て、極端な方法でダイエットをしている人が多いです。

前項で具体的かつ現実的な目標が立てれたら、実際にダイエットをするときに継続しやすい方法で長期的に行うことができるでしょう。

無理をしすぎると続かないし、体に大きな負担がかかり体調不良にもなります。

また、続かないことで自分を責め、精神的に落ち込んでしまうことにもなりかねません。

「自分の体を受け入れ、いたわる」
という意識のもと、食事も運動も
「食べない!」「我慢する!」といったネガティブな考えではなく、

「快適な自分でいるために、今何を食べるべきか?」
「気持よく動ける体になろう!」
というように、ポジティブな方向に持っていくことが大切です。

まとめ・最後に

なかなか思うようにいかず、ダイエットが続かなくて苦しんでいる人は、目標や理想が高すぎて知らず知らずのうちに自分の首を絞めているかもしれません。

確かに、ダイエットは努力なくしては成功しません。
ぼんやりと「痩せたいな~」と思っているだけでは結果は出ませんよね。

「〇kg痩せてこうなりたい、こういうことをしたい!」

というより、具体的な目標を立て、且つそれを長期で計画立ててダイエットを行いましょう。

そうすることでモチベーションも維持できますし、何より心身のストレスが軽減され、前向きな気持ちでダイエットに取り組めるでしょう。

その結果、痩せる習慣が身につき、健康的にダイエットかと思います。

ダイエットは自分との戦いです。

辛いこともあると思いますが、そんなときは一度立ち止まり、自分の目標や行動を振り返ってみましょう!

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

MY-GYMは熊本市を中心にパーソナルジム、フィットネスジムの運営をしております。

ご不明な点、ボディメイク・健康に関するお困りごと等ございましたら、お気軽に下記お問い合わせからご相談ください。

特に、ボディメイク・ダイエット・生活習慣病予防および改善・ 健康・介護予防に強みあり。

お一人お一人に合わせた細かな指導を得意としています。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > ダイエットで挫折する原因を熊本のパーソナルジムが解説!