お見逃しなく!コロナ太りの解消法を熊本のパーソナルジムが解説! | MY-GYM Are de vivre

BLOG

ダイエット関連記事

お見逃しなく!コロナ太りの解消法を熊本のパーソナルジムが解説!

mygym_covid19_daiet

 皆さん、こんにちは。本のパーソナルジムMY-GYMの広報担当一寸(いっすん)です。最近暖かくなってきたので、熊本城近辺をランニングしたいなと考えていたのですが、いかんせん坂が多いのでなかなか踏み出せないでいます…。オススメのランニングコースがあればぜひ教えてください!今回の記事では、コロナ禍特有のコロナ太りにフォーカスし、ついつい身に付いているであろう習慣や身に付けたい習慣をご紹介していきます。5分であなたもコロナ太り解消を!ぜひ最後までお読みください!

目次

コロナ禍で気を付けたい悪習慣3選

 熊本でも2月には県独自の緊急事態宣言が発令されていました。このまま落ち着いてくれるといいなという思いが募るばかりですが、パーソナルジムに通っていた方もそうでない方も、気づいたら身についてしまっていた癖や習慣はありませんか?在宅勤務にともなう通勤の削減、可処分時間の増加で自由な時間が増える一方で、今までのダイエットのルーティンが変わってしまい、コロナが落ち着いてから...という思考になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。本項では熊本のパーソナルトレーナーが考えるコロナ禍で身に付いてしまいがちな習慣についてご紹介いたします。

悪習慣について

 一寸が考えるコロナ禍で気を付けたい悪習慣3選はこちら
①活動量が減り1日の総消費カロリーが減ってしまう
②可処分時間が増えることで動画サイトを垂れ流し
③通っていたジムに行くのは怖いからダイエットはコロナが落ち着いてから
②なんかはまさしく一寸自身が当てはまるので、耳が痛いというか、目が痛いというか...。
この記事を書きながらお前もだぞと言い聞かせています...。

コロナ禍で意識したい習慣3選

 コロナ禍で意識したい習慣のメインは運動習慣です。
ダイエットもそうですが、生活習慣病予防の観点からもこの機に運動習慣を身に着けたいですね。
一寸イチオシの運動習慣はこちら
【推奨したい運動習慣3選】
①週3回、1回15分以上のウォーキングないしはランニング
②週3回、3つのトレーニングを実施
③食習慣の見直し(摂取カロリーのコントロール、食べる順番を意識など)
はじめから完璧にこなす必要は全くありません。
習慣とは徐々に身に付くものなので、回数や種類を減らしてスタートしていきましょう!

詳細は次項以降でご紹介させていただきます。

ウォーキング・ランニングのオススメ

 ウォーキング・ランニングは有酸素運動に分類され、ダイエットや生活習慣病予防のために長年継続されている運動です。
【オススメポイント】
①ウォーキングは膝・腰への負担が少ない
②イベントもあり趣味感覚で続けられる
③準備物が少なく気楽に始められる
④年齢に関係なく実施可能
⑤汚れない、洗濯が楽
【オススメの実施時間】
15分~/1回
【オススメの実施タイミング】
①朝(業務前)
②夕(業務終了後)
習慣化に向けて、まずは自分のライフスタイル、都合に合わせて気楽におこなっていくことがベストかと思います。

 最終的には、月・水・金など週3回実施するルーティンを確立できるとダイエットや生活習慣病予防も成功させることができるでしょう。
まずは週1回からスタートし、1ヶ月後に週2回に増やし、2ヶ月後に週3回に増やすと良いペースで負荷もあげられますし、いい意味で慣れが生まれて継続できるかと思います。
【継続していくときのコツと注意点】
①雨が降ったら別日でまかなう
②飽きてきたらコースを変えてみる
③靴底の減りに気を付ける
④アスファルトの場合は終わった後にストレッチする

トレーニングのオススメ

 トレーニングについてはいわゆる筋トレで、無酸素運動と呼ばれるものです。
【オススメポイント】
①家でもできる
②タオルや自重など機材がなくても始められる
③無酸素運動なので短時間で済む
④筋肉量の維持に繋げて痩せやすい身体づくりができる
【オススメの回数・セット数・種目数】
15回~20回×3セット×3種目
【オススメの実施タイミング】
ウォーキング・ランニング同様、朝夕オススメです!
【オススメの種目】
①スクワット
②プッシュアップ(慣れない方は膝をつけて)
③ヒップリフト
トレーニングでは、大筋群(腿、胸、背中、お尻、お腹など)を動かすトレーニングを意識してみましょう。
*また、くびれをつくりたい!という方はプッシュアップの代わりに広背筋のトレーニングを取り入れましょう。

 自宅でできるトレーニングがメインですので、自重(器具を使わない)トレーニングをピックアップしています。
負荷が足りないなと感じる方は、タオルやチューブを使ってみましょう!

食習慣の見直し

【意識すること】
①野菜から食べる
②1日に摂取する塩分量の削減
③食物繊維の摂取量を増やす
④1日の総摂取カロリーの算出
⑤間食しているかのチェック
⑥目安とするべき1日の総摂取カロリーの算出

間食はプロテインなどに置き換えられないかという視点をもつと、空腹時にも苦しまなくて済むのでオススメです!

まとめ・最後に

本記事では、悪習慣と意識したい習慣をご紹介いたしました。

徐々に落ち着きをみせてきたコロナ禍ですが、習慣づけはダイエットを考えているときも、そうでないときも理想の自分の姿の実現またはキープをするうえで重要な要素だと思います。

ダイエットを始めようかと思っている方や、ダイエット中でなかなかうまくいっていないという方は特に参考にしてみてくださいね。
また、食習慣や自分の理想に合わせたトレーニング内容に関してはなかなかわからないかもしれません。

プロに相談してみると意外なところに答えが転がっていることに気付ける可能性もありますので、ぜひ一緒に無料カウンセリング・体験であなたの目標に合った手法を見つけていきましょう。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

MY-GYMは熊本市を中心にパーソナルジム、フィットネスジムの運営をしております。

ご不明な点、ボディメイク・健康に関するお困りごと等ございましたら、お気軽に下記お問い合わせからご相談ください。

特に、ボディメイク・ダイエット・生活習慣病予防および改善・ 健康・介護予防に強みあり。

お一人お一人に合わせた細かな指導を得意としています。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > お見逃しなく!コロナ太りの解消法を熊本のパーソナルジムが解説!